シンビオ社会研究会 原子力WEB教材


KB番号/016高温+時間によるプラスチックの短絡、き裂、破断

KB番号:016

概要説明:高温+時間によるプラスチックの短絡、き裂、破断

ストレス大分類:温度

ストレス小分類:高温+時間

故障メカニズム大分類:高温劣化

故障メカニズム小分類:高温劣化

故障フェーズⅠ:材料脆化

故障フェーズⅡ:強度劣化、絶縁劣化

故障モード:短絡、き裂、破断

アイテム:プラスチック

故障の発生原理:アレニウス則?

+  アレニウス則

故障モードの検出:

主な業界・分野:電子デバイス、化学、高分子材料

抑制対策(再発防止策):

抑制対策(評価基準):

備考:

Last-modified: 2010-04-30 (金) 20:09:06 (4238d)