シンビオ社会研究会 原子力WEB教材


KBb番号/009異種金属接触腐食による減肉

KBb番号:009

モード:減肉

メカニズム①:腐食

'メカニズム②:異種金属接触腐食

特徴:腐食電位が大きく異なる2種類の金属が電解質中で電気的に接触している場合に,電極電位の違いにより生じる腐食である.マクロなガルバニ電池が形成されてアノード(陽極)側の金属が腐食して減肉する現象であり,カソード(陰極)側の金属との電極電位差が大きいほど,分極抵抗が小さいほど,また電解質の電気伝導度が大きいほど腐食速度が大きい.なお,電極電位は平衡電位と異なり,金属表面の酸化皮膜の生成の有無,電解質の組成と条件などに大きく依存するので,注意が必要である.

主たる材料:炭素鋼,低合金鋼,ステンレス鋼,ニッケル基合金,鋼合金

事例:049

Last-modified: 2010-05-25 (火) 19:16:29 (4167d)