シンビオ社会研究会 原子力WEB教材


KBb番号/048応力緩和による変形

KBb番号:048

モード:変形

メカニズム①:クリープ

'メカニズム②:応力緩和

特徴:クリープによる応力緩和は,高温条件下(絶対温度で融点の約1/2以上)で,クリープひずみが時間とともに累積するため,弾性ひずみ成分がその分小さくなり,結果として応力が低減していくことである・クリープ破壊の初期段階の現象であり,クリープ疲労破壊の評価に考慮する必要がある・

主たる材料:炭素鋼,低合金鋼,ステンレス鋼,ニッケル基合金,銅合金

事例:

Last-modified: 2010-05-24 (月) 13:35:45 (4170d)